User Manual

た注意事項は製品を安全に使用いただきあなや他の人々への危害や損害未然
防止すのものです。
記号表示について
の機器に表示されてい記号や取扱説明書表示されてい記号に次のな意味があす。
「警告」「注意」ついて
以下、た取扱いが想定内容を危害や損害の大き切迫の程度を明示す
「警告」「注意」区分て掲載ていす。
警告
は、
または重傷を負う可能性が想定され
る」内容です。
注意
この表示の欄は傷害を負う能性
または物的損害が発生する可能
想定される」内容です。
電源/電源コー
本機の内部に異物や液体がた場合は、に電源ス
チを源プラグンセントか



使用中に電子音が出なく常なおいや煙
出た場合は、に電源スチを電源プラグを
ンセントから抜



源プラグをコンセントにつなぐまえにアース線
を接続る。た、アース線を外す場合は、必ず電源プ
グをコンセトか抜いたに行

電源コード/プラグはず付属のものを使用する。


電源は必ず交流100Vを使用る。


設置
浴室や雨天時の屋外など、湿気の多いとろで使
い。

本機の上に花瓶や薬品な液体の入のを置かない


電池
使い捨てタイプの電池は充電しない。

電池もれ出た液には直接触れない。


分解禁止
本機の内部を開けた内部の部品を分解、
ない



お手入れ
手入れをするとは、ず電源プラグをンセントか
ら抜

電源プラグにほこが付している場合は、をきれ
いに拭き取る。

ユニト類を拭場合は、乾燥た布を使用する。

プラグを抜
プラグを抜
接地する
必ず行う
必ず行う
使用禁止
水ぬれ禁止
禁止
禁止
分解禁止
プラグを抜
必ず行う
必ず行う
記号は危険、警告たは注意す。上記の場合、 機器の内部絶縁されていな「危険な電圧」
存在感電の危険がを警告ています。た、
注意が必要を示ていす。
記号は禁止行為す。記号の中に具体的な内容が描かていものもあす。
記号は行為を強制または指示を示す。記号の中具体的な内容が描かていものもあす。
感電の恐れあ
ビネをあけ
注意
注意 感電防止のためパネルやバーを外さないさいの機
器の内お客様が修理/交換部品せん。
検や修理は、必ずお買い上げの楽器店たは巻末のヤマ
サービス網に依頼い。
警告
安全上の注意
お使いになるまえに、必ずこの「安全上のご注意」をよくお読みください。